ホーム > 占いの基礎知識 > 姓名判断

Fortune Tellings占い方法について

姓名判断とはせいめいはんだん

title

姓名判断の発祥や歴史

普通の人が姓(名字)を名乗るようになったのは、明治に入ってからなので、わりと最近盛んになった占いです。
中国ではもっと昔、漢字ができた頃からあったとされています。

1913年 刊行の資料より
1913年 刊行の資料より
1931年 刊行の資料より
1931年 刊行の資料より

使用する道具など

対面鑑定ではお客様に分かりやすいように専用の用紙を使う人もいますが、基本的にはペンと紙のみ。

占いの手順

姓名の漢字、それぞれの画数を出します。
姓の画数の合計『天格』では先祖運など、姓の一番下の漢字と名の一番はじめの漢字の合計画数『人格』では性格や運勢など、名の画数の合計『地格』では子供の頃の運勢など、全ての画数の合計『総格』では全体的な運勢などを占います。

必要なパーソナルデータ

苗字と名前の日本名表記が必要です。

この占いのカテゴリ

  • 命占(めいせん)
  • ト占(ぼくせん)
  • 観相(かんそう)
  • その他
※「カテゴリ」に関する説明はこちら

姓名判断の特徴

姓名判断にはいくつかの種類・流派がありますが、もっとも一般的なのは、氏名で使用している漢字の画数で占う方法です。 自分自身の性格や傾向をはじめ、相手との相性も占えます。 全般的に、詳細なディテールよりも大きな方向性・傾向を占うことに向いています。

その他、名前の音や文字の配列、どんな漢字を使っているかなど、様々な判断法があります。