ホーム > 占い師 募集 > 給与・待遇

Recruit占い師 募集

給与・待遇

給与システム

給与は歩合+諸手当て

月単位で歩合給+諸手当てをお支払いいたします。
実力に応じて歩合の利率や諸手当の支給額が変動しますので、長期所属者・新規参入者問わず、活躍次第でしっかりと給与に反映されていきます。

※新規参入でも就業年数に関わらず、実力そのままの評価が得られます。

最低賃金保障New

弊社への所属にあたり、占い師のみなさまが不安なことのひとつに、給与の面がおありになると思います。クォーレではその不安解消策として新たに、3つの待機時間(※1)に「最低給与保障を6か月間」させていただきます。

もちろん最低保証金額以上に実際稼働(鑑定)した分は、通常の査定額にのっとった金額をお支払いしますので、最低賃金の保証がありながら努力はきちんと反映される形で、安心して新環境のスタートを切ることができます。

①月間50h以上待機

最高賃金: 11万円以上可能

(歩合給+諸手当の合算として)

  • ・勤務日数例: 16日
  • ・勤務時間例: 3時間程度
②月間100h以上待機

最高賃金: 28万円以上可能

(歩合給+諸手当の合算として)

  • ・勤務日数例: 20日
  • ・勤務時間例: 5時間程度
③月間150h以上待機

最高賃金: 46万円以上可能

(歩合給+諸手当の合算として)

  • ・勤務日数例: 20日
  • ・勤務時間例: 7~8時間程度

※1 待機時間・・・電話鑑定可能な状態で待機している時間(実際にお客さまを応対した時間ではありません)

例: 待機時間50時間以上100時間未満の方の場合

実際にお客さまを鑑定した時間や待機時間などを査定し、通常の基準に照らして給与計算をします。その計算後の給与総支給額が

  1. ①保障額を下回った場合: 月間の保障額5万円を支給
    (月間50時間以上100時間未満の規定を適用)
  2. ②保障額を上回った場合: 弊社の通常基準にのっとって計算し支給
    (通常査定の方が高額になる場合は規定を適用しない。なお保障額+通常基準の給与ではなく、保障額を除いて通常計算して支給。)

※簡単に言ってしまうと、他の占い師と同じ基準で査定を行い、給与が保証額を下回れば保証額を支払い、それ以上稼いでいれば、額面通りお支払いします、という制度です(所属より6か月間)。

なぜこの制度を新設したのか

実力・経験が豊富な方でも、新しい環境に慣れるまでいろいろ不安なことがおありになると思います。

給与は大切なことですから、その不安をなくすことで、早くお客さまへの鑑定に集中していただきたい、本来の実力を発揮していただきたい、という想いがあります。

鑑定時間を問わず最低賃金を保障することは、会社にとって大きなリスクです。ただ、逆を言えばそのリスクを負っても問題のないくらい、自信と余裕が弊社にはあります。

ぜひこの制度を利用し、新しい環境で活躍してみませんか?

諸手当て

クォーレだから支給出来る各種手当て

クォーレには、実際にお客さまを鑑定しなくても支給される「待機保障金」という特殊な手当てがあります。

たとえば、平日23:00〜深夜2:00までの3時間、お客さまを鑑定してもしなくても待機しただけで支給される「深夜待機保障」、土日・祝日に一定時間勤務すると支払われる「土日祝 待機保障」、人気占い方法を使える占い師に支払われる「占術手当て」ほか、さまざまな形で所属占い師をバックアップしています。

特に各種待機保障金は、普通に考えると暇ならば会社にとって丸ごと損になってしまう制度ですが、非常に多くのお客さまよりコールがある弊社では、その金額を所属占い師にお支払いしてでも、繁忙時間帯には人数を確保したいのです。

本当に人気とお客さまからのコールがある弊社だからこそお支払いできる手当てと言えるでしょう。

給与モデル

さまざまな就労スタイルで働けます

専業でバリバリ働きたい方、無理せず自分のペースで働きたい方、空いている時間を有効に使いたい方など、さまざまな就労スタイルで働くことが出来ます。


モデルケース1バリバリ専業で働くA先生の月給

専業として定期的なスケジュールを組み、しっかり稼ぎたいので、週6日間1日6時間〜10時間勤務するA先生。
土日・平日深夜の待機保障とその他の手当てをしっかり貰い、諸手当てだけで1ヶ月間で16万円以上取得。歩合給と諸手当てを足した実質的な分給は72円以上。

  • 総鑑定人数:211人
  • 歩合給:560,504円
  • 諸手当て:160,800円
  • 給与総額:721,304円(実質分給:72円以上)

モデルケース2しっかり勤務のB先生の月給

家事の終わるお昼過ぎから2時間と、深夜待機保障のある時間帯3時間を中心に、週3〜5日間勤務するB先生。
家族との時間を大事にしたいので、土日はお休み。休むときはしっかり休むのがB先生のポリシーだとか。

  • 総鑑定人数:121人
  • 歩合給:185,514円
  • 諸手当て:59,500円
  • 給与総額:245,014円(実質分給:55円以上)

モデルケース3効率よく勤務するC先生の月給

平日は深夜待機保障のある時間帯3時間を週3日、お子さんが外出する土曜日は、昼間の時間帯にきっちり入って待機保障を取得。なるべく短い時間で効率よく勤務するスタイル。

  • 総鑑定人数:70人
  • 歩合給:109,340円
  • 諸手当て:33,000円
  • 給与総額:142,340円(実質分給:45円以上)
実際どこまで稼げるのかNew

上記のモデルケースAに相当する給与の占い師はもちろんのこと、それ以上の歩合と諸手当を得ている占い師ももちろん恒常的におります。

最高ランクでは歩合給と諸手当を合算した実質分給は90円以上も可能で、もちろん営業時間中すべての時間を鑑定に充てるような無理な出勤をせずとも到達できます。

「担当者に気に入られていなければ~」「他の占い師の手前~」など、おかしな判断基準はありません。

昨今は「クォーレは占い料金が安い=占い師の給与も安い」と勘違いされている節もありますが、実は意外としっかり稼げます。

NEXT:所属占い師の声