ホーム > 占いの基礎知識 > 占いの受け方

占いの基礎知識 占いについて 占いの受け方 How to consult

直接占い師に占ってもらってもらうのは敷居が高い、とお思いの方もいらっしゃることでしょう。はじめての「占いの受け方」についてご紹介します。

1.鑑定スタイルを選ぶ

街角や占い館などで占い師と直接顔を合わせて占ってもらう以外に、電話やメールなどでも占ってもらうことができます。どんな鑑定スタイルを選ぶかはあなた次第。それぞれの特徴をみてみましょう。

対面占い
占い師がユーザと対面して行う、古くからの基本スタイル。目の前で占ってくれる臨場感は対面ならでは。人相や手相を見てもらえるのも利点。
電話占い
占い師がユーザを電話で鑑定するスタイル。直接顔を合わせない分、プライバシーが守られ、体裁を気にせずに何でも相談できるのがメリット。
メール占い
ユーザからの質問メールに対し、占い師は占った結果をメールで返答するスタイル。結果の返信を待つ時間と文章力のあるユーザにおすすめ。
コンテンツ
直接占い師は応対せず、ユーザがネット上で好きなメニューを選び、それを購入するスタイル。プログラムにあらかじめ登録された結果が表示される。

鑑定スタイル 比較

  コスト 手間 満足度
対面占い ×
電話占い
メール
占い
×
コン
テンツ
×
  コンテンツは単価としては◎。抱き合わせの複数購入だと△。メールは興味あることをどんどん聞ける対面や電話と違い、自分で質問したこと以外聞けないので、コストパフォーマンスという点ではあまり良くないでしょう。 直接占い師のいる場所まで足を運ぶ・列に並ぶ必要のある対面、文章で詳細に説明する必要のあるメールは手間が多いと言えます。コンテンツは申込み自体は簡単ですが、メニューに自分の要望を合わせる必要あり。 あらかじめ用意された文章が出るだけのコンテンツ、聞いたことしか返ってこないメールの満足度は低いでしょう。対面は目の前で占ってくれる臨場感はありますが、周囲の目や体裁が気になって聞きたいことが聞けない場合も。
  • コストコンテンツは単価としては◎。抱き合わせの複数購入だと△。メールは興味あることをどんどん聞ける対面や電話と違い、自分で質問したこと以外聞けないので、コストパフォーマンスという点ではあまり良くないでしょう。
  • 手間直接占い師のいる場所まで足を運ぶ・列に並ぶ必要のある対面、文章で詳細に説明する必要のあるメールは手間が多いと言えます。コンテンツは申込み自体は簡単ですが、メニューに自分の要望を合わせる必要あり。
  • 満足度あらかじめ用意された文章が出るだけのコンテンツ、聞いたことしか返ってこないメールの満足度は低いでしょう。対面は目の前で占ってくれる臨場感はありますが、周囲の目や体裁が気になって聞きたいことが聞けない場合も。

2.料金を確認する

対面占いの占い料金は10分1500円や1件1000円など、20年くらい前からあまり変わりません。コンテンツは以前に比べて1つの単価が上がり、抱き合わせで複数メニュー購入など、1000円~6000円くらいが相場でしょうか。メール占いは1件3000円~10000円くらい、電話占いは1分150円~1000円以上など、料金差が非常に大きいのが特徴です。

ここをチェック! 料金について疑問がある場合は必ず「利用前」に確認しましょう。占い師に直接聞くのも失礼ではありません。

3.希望をまとめる

実際に占いを受ける前に、あなたご自身のことをまとめてみましょう。占いに望むことが明確になると、選択肢もぐっと絞られます。もちろん「よくわからない」というのもアリです。

どんな風に
相談したい
ですか?
なんとなく相談したい、じっくり話を聞いてほしい etc
どんなアドバ
イスを求めて
いますか?
ハッキリ答えが聞きたい、キツイことは聞きたくないetc
どんな相談
や悩みです
か?
恋愛、人間関係、仕事、家族、将来、離婚etc
時間はどれ
くらい相談し
たいですか?
なるべく短く、10分、20分、悩みが解消するまでetc
予算は決め
ていますか?
●●円くらい、特に決めていないetc

相談前チェックシートを無料ダウンロード

占いを利用する前にチェックしておきたい項目をチェックシートとして無料でダウンロードいただけます。プリントアウトしてぜひご活用ください。

いますぐ無料ダウンロード(PDFファイル 123KB)

4.相談のしかた

あいさつが済んだあとは、占い師から「今日はどんなご相談ですか?」などと聞いてきます。そこからはなし始めるといいでしょう。メール占いでも「はじめまして」などあいさつから書き始めるといいのでは。以下に電話鑑定での相談の仕方をご紹介いたします。

例1:相性について

あなた
いますごく気になっている人がいて、その人との相性を見てほしいんです。1
占い師
相性ですね。ご自分の生年月日とお相手の方の生年月日はわかりますか?
あなた
わかります。私が●年●月●日で、彼が●年●月●日です。2
占い師
じゃあちょっとみてみますね・・・・
ちなみにこの方は...
  • 1

    相性は恋愛、夫婦、仕事など、相手の方との関係性で評価が変わります。差し支えなければ相手の方との関係性を話しておくといいでしょう。

  • 2

    生年月日が分からなくても占える方法はあるので、わからないときは素直にそう伝えましょう。

例2:不倫について

あなた
いま結婚している人と付き合っていて、その人の気持ちが知りたいんです。3
占い師
彼のいまの気持ちですね。じゃあ占っていきますね。彼とは長いの?
あなた
3年くらいですね。会社の取引先の人なんです。4
占い師
お付き合いのきっかけはどちらからなのかしら?
  • 3

    言いづらければお相手の方との関係性は最初は「恋愛」でもいいと思います。ただ関係性がはっきりしていた方が早く的を得たアドバイスができますから、タイミングをみて切り出すといいのでは。

  • 4

    気持ちはタロットで占う場合が多いです。占い師はふたりの関係性をよく知ることで、カードから読み取る意味が変わってくるため、進行しながらいろいろ質問をしてくるのが一般的です。

ここをチェック! どういう風に占い師に質問したらいいかわからないときは、むずかしく考えずとりあえず話しはじめてください。占い師側でくみ取ってくれます。

5.知っておきたいマナー

占い師に相談するにあたって、最低限知っておいた方がいいマナーについて押さえておきましょう。

同じことを何度も占わない
タロットや易占いなど卜占(ぼくせん)と呼ばれるジャンルの占いは、同じことを二度占ってはいけないというルールがあります。自分の望む結果、満足いく結果が出るまで何度も占いを望むのはやめましょう。
ぶしつけに実力を試すようなことをしない
占い師からの質問にはなにも答えず実力を測ろうとするお客さまは少なくありません。占い師も毎日のことなので慣れてはいますが、あなたが抱えている問題について相談をしている訳ですから、建設的にいきましょう。
他の占い師が出した結果と比較しない
「●●先生はこんな風に言っていた」「あなただけ占い結果が違う」など、他の占い師と比較するようなことを伝えるのは控えましょう。占い師はその結果に縛られ、自由に発言できなくなってしまうかもしれません。
ここをチェック! 占い師も商売とはいえ1人の人間です。自分がやられて嫌なことはやはり占い師でも嫌なのです。マナーを守ってきもちよく占いをしましょう。
よく見られている関連情報
  • 最適占いナビ

    3つの質問に答えるだけで、あなたに合った占い師をご案内します。

  • 仮登録(無料)はこちら

    スマホ・パソコンから気軽に登録(無料)いただけます。

  • 占いの基礎知識

    知っているとちょっと得する占いに関する基礎知識をご紹介。

  • 占いとは 占いとは
    身近な気がするけど、実はよく知らない占いのことをお教えします。
  • 占い師とは 占い師とは
    日本はもちろん、世界でも活躍する占い師たち。そのルーツや歴史をご紹介。
  • 占い方法とは 占い方法とは
    ポピュラーな占い方法以外にも、世界中にたくさんの種類があります。
  • どんなことが占えるか どんなことが占えるか
    意外と知らない、なにが占えて、なにが占えないのかについて。
  • 占いの受け方 占いの受け方
    はじめて占い師に占ってもらうときの手順やポイントをご紹介。
  • 電話占いとは 電話占いとは
    電話で占い師が占ってくれるサービスの誕生から現在までの歩みに迫ります。