ホーム > 占いの基礎知識 > 奇門遁甲

Fortune Tellings占い方法について

奇門遁甲とはきもんとんこう

title

奇門遁甲の発祥や歴史

古くは、三国志で有名な諸葛孔明(しょかつこうめい)を始めとする、名軍師達が使用した占術として知られており、本来は兵法として使われていました。
日本には推古(すいこ)天皇の時代に百済(くだら)から伝わったと言われています。

その後は途だえたような形になったものの、昭和に入ってまた人気の占術となりました。

1916年 刊行の資料より
1916年 刊行の資料より

使用する道具など

干支暦、ペン、作盤のための用紙、局数表、など。

占いの手順

まず遁甲盤(とんこうばん)と言われる専用の盤を作成します。
遁甲盤には、「年盤」「月盤」「日盤」「時盤」などがあり、占う内容や見直したい内容によって使い分けます。

必要なパーソナルデータ

特に必要ありません。

この占いのカテゴリ

  • 命占(めいせん)
  • ト占(ぼくせん)
  • 観相(かんそう)
  • その他
※「カテゴリ」に関する説明はこちら

奇門遁甲の特徴

ある決まった時刻に目的に合わせた方角へ移動し、その方位の気のパワーを取り込むことによって開運し、願望を達成しようとする占術です。

風水が静の方位術であるのに対して、奇門遁甲は動の方位術と言えるでしょう。

また、日本では方位術として認識されていますが、中国では多方面に渡って使用されています。