ホーム > 占いの基礎知識 > 手相

Fortune Tellings占い方法について

手相とはてそう

title

手相の発祥や歴史

古代インドを源流とし、仏教とともに中国へ伝わり、日本では江戸時代に庶民へ広がったとされています。
西洋式、東洋式の判断法があり、現代日本では西洋式が一般的。

1902年 刊行の資料より
1902年 刊行の資料より

使用する道具など

天眼鏡(てんがんきょう)、掌線(しょうせん)を指し示すための指し棒など。

占いの手順

生命線(せいめいせん)、
運命線(うんめいせん)、
知能線(ちのうせん)、
感情線(かんじょうせん)
ほかさまざまな掌線や丘(きゅう)、形、長さ、色などといった要素から占っていきます。

※占い電話相談で手相占いを希望する場合はこちら

生命線
運命線
知能線
感情線

必要なパーソナルデータ

ご本人の両手が必要です。表裏、側面、柔らかさなども見ていきます。

この占いのカテゴリ

  • 命占(めいせん)
  • ト占(ぼくせん)
  • 観相(かんそう)
  • その他
※「カテゴリ」に関する説明はこちら

手相の特徴

持って生まれた性格や才能、資質、健康、運勢を判断することが可能です。
短期的視野の結果を求めるものや人の気持ちなどを占うことはできません。

なお、一生変わらない指紋と異なり、手相は時とともに変化していきます。
3か月〜1年くらいに一度は占ってもらうといいのでは。