ホーム > 占いの基礎知識 > 九星気学

Fortune Tellings占い方法について

九星気学とはきゅうせいきがく

title

九星気学の発祥や歴史

九星気学はなどの影響を受けつつ、大正時代に日本で確立された開運方位占いです。

九星の名称すべてに古代中国の陰陽五行(いんようごぎょう)思想である「木火土金水(もくかどごんすい)」が入っていることから推測できるように、その哲理にも陰陽五行が組み込まれています。

1882年 刊行の資料より
1882年 刊行の資料より

使用する道具など

方位磁石など。

占いの手順

生まれ年より、
一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星
のどの星なのかを調べます。
その星を中心にして、いつ、どちらの方向が良いのか占います。

必要なパーソナルデータ

生年月日。生年のみでも占えます。

この占いのカテゴリ

  • 命占(めいせん)
  • ト占(ぼくせん)
  • 観相(かんそう)
  • その他
※「カテゴリ」に関する説明はこちら

九星気学の特徴

とても汎用性が高く、基本的な性格や運勢以外に、引っ越し先や旅行など、移動を伴う行動の吉凶を占うのにも使われます。

たとえば、引っ越しするなら○月○日は凶だけど次の日なら吉で、新しい家は今の家から西の方向がいい、といった風に鑑定されます。