ホーム > 占いの基礎知識 > タロット占い

Fortune Tellings占い方法について

タロット占いとはたろっとうらない

title

タロット占いの発祥や歴史

発祥はエジプトや中世ヨーロッパなど諸説あるものの、ジプシーたちが行っていたカード占いが基になっていると言われています。
タロットカードとしての元形は、14世紀にイタリアで作られました。 その後、数多くの神秘主義者が深く研鑽を重ね、様々な技法・解釈・絵柄を編み出されています。

クォーレでは
・伝統的・正統な解釈を元にリーディング(カードの読み込み)を進める場合を「タロット占い」
・占い師のインスピレーションを優先・重視してリーディングを進める場合を「タロット占い(インスピレーション)」
と分けています。

使用する道具など

一般的なタロットカードは大アルカナと呼ばれる22枚の絵札に小アルカナと呼ばれる56枚の数札を足した計78枚で構成されています。

相談内容や展開方、占い師の習熟度、好みなどによって、使用する枚数は異なります。

ライダーウエイト タロット
トート タロット
メディバル スカピニ タロット
ゴールデン タロット
シャドウスケープ タロット
ホワイトキャッツ タロット

占いの手順

占い師は、導き出したい答えに応じた特殊な並べ方(展開法・スプレッド)でカードを展開し、置かれた位置や向き、カード自体の意味、他のカードとの組み合わせを複合的に読み解いていきます。

オリジナルの展開法を編み出している占い師も多く、その種類は膨大な数になります。扱う占い師の習熟度・理解度によって得られる結果に差が出る占い方法と言えます。

ヘキサグラム スプレッド
ケルト十字(じゅうじ) スプレッド
ピラミッド スプレッド
ホロスコープ スプレッド

必要なパーソナルデータ

特に必要ありません。
ただ、占って欲しい内容を正確に占い師に伝える事で、カードの解釈に幅が広がり、より詳しい答えを得ることが出来るでしょう。

この占いのカテゴリ

  • 命占(めいせん)
  • ト占(ぼくせん)
  • 観相(かんそう)
  • その他
※「カテゴリ」に関する説明はこちら

タロット占いの特徴

人の気持ちや、1カ月後の未来がどうなっているかなど、いま現在〜近い未来を占うのに適している、カードを使った占い方法です。

基本的には何でも占えますが、もって生まれた運勢や宿命と言ったものより、状況が変化しやすい内容について占えることが最大の特徴です。